都電荒川線に乗ってみました!

私たちが働いている大塚には、都電荒川線が走っています。
実は毎日大塚に通っていますが、意外とこの都電に乗る機会がないんです。
この10年間で乗ったのは数えるほど・・・。

大塚から乗ると
早稲田方面⇒
⇐三ノ輪方面
に行くことが出来ます。

以前から不思議に思っていたのが、大塚駅前の荒川線の線路には踏切がありません。
JR大塚駅から南口に出ると、必ず線路を渡らないといけないのですが、電車が近づくと歩行者全員なんとなく立ち止まり、通り過ぎるのを待ちます。
また電車側もスピードを落として、気を付けて運転しています。

少し前に、駅前の改修工事が終わりキレイになってからは、一応係りの人が立って、電車が来ると立ち止まるよう促すようになりました。
最近はスマホを見ながら歩いている人も多いから、いつも事故が起きないか冷や冷やします。

実は先日こんな荒川線に乗って終点の三ノ輪まで行ってみました。
土曜日のお昼くらいでしたが、乗ってみると車内がギュウギュウに混んでいました。
あらかわ遊園に行くファミリーや普段から荒川線を利用している年配の方々など、こんなに混むんだと驚きました。

線路以外にも通常の道路を車と並走する箇所もあって、一緒に信号待ちをしたり。

駅と駅の間隔は短く、スピードもそんなにでないので、結構時間が掛かりました。
本当は途中下車をしながら、色々と散策をすれば良かったのですが、そのまま終点の三ノ輪まで来てしまいました。

しかもせっかく来たのに写真の一枚も撮らず・・・。


※荒川線のフリー画像より

三ノ輪は商店街が有名で、テレビでも良く紹介されています。
お惣菜のお店や昔ながらのお店が沢山あってにぎわっていました。
その場で買ったお惣菜をつまみにビールを飲んでいたり、楽しそうな雰囲気でした。

次回、荒川線に乗る機会があったら、もっと寄り道をしたり、写真も撮ったりしたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。